カンタンに読める!金色夜叉/現代版

尾崎紅葉の名作ドラマを
スラスラ読もう

金色夜叉とは?

 日本初の大ヒット新聞連載小説

金色夜叉(こんじきやしゃ)は、読売新聞に明治30年(1897年)の元日から幾度か休載しながら5年5カ月に渡って連載された小説です。
結婚を約束した二人の男女の別れと復讐、愛とカネというセンセーショナルなテーマゆえに、連載当時から大人気を博しました。
これまでに判明しているだけで30回以上も映画化・ドラマ化されています。

 固く古めかしい文体をカンタンに

金色夜叉は雅俗折衷文という文体で書かれています。地の文は文語体で、会話文は口語体で記されており、これが華麗な世界観を形成しています。
しかし、古文のようで難解な言い回しが多いため、原文をちょっと読んでみたけどちんぷんかんぷんになってしまい、読むのを放棄する人が多いようです。

このサイトは原文を現代語訳したものですが、逐語訳ではありません。さらに難解な修飾や表現は分かりやすさを優先して大胆にカット、もしくは意訳しました。また、当時の風俗などで現代人が想像しにくいものは、現代のものに置き換えるなどの処置をとっています。

あらすじ

 裏切られた男の復讐劇

間貫一(はざまかんいち)とお宮(おみや・鴫沢宮・しぎさわみや)は許婚であったが、結婚間際になってお宮は突如、資産家の富山唯継(とみやまただつぐ)に嫁ぐ。
怒る貫一はお宮を問い質すものの、お宮ははっきりとした理由を言わず、貫一は逆上する。復讐を誓った貫一は高利貸しになり、お宮に近づくのだが…

目次

 前編

  •  第1章…狂気と波乱の舞台の幕が開く
  •  1 / 2 / 3 / 4
  •  第2章…いよいよ主人公・貫一が登場
  •  第3章…貫一とお宮、ふたりの気持ちの溝
  •  1 / 2
  •  第4章…酔った貫一の告白
  •  1 / 2
  •  第5章…お宮の悩みと何も知らない貫一
  •  1 / 2
  •  第6章…突然熱海に行くお宮。なぜ…?
  •  1 / 2 / 3 / 4 / 5
  •  第7章…熱海で悩むお宮の前に現れた男
  •  1 / 2 / 3
  •  第8章…真実を告げたお宮に貫一は狂う
  •  1 / 2 / 3

 中編

  •  第1章…そして4年の歳月が流れた
  •  1 / 2
  •  第2章…貫一と妖しい女の関係は?
  •  1 / 2 / 3
  •  第3章…闇金貫一、どう動く?
  •  1 / 2 / 3
  •  第4章…突然の再会、動揺、慟哭
  •  1 / 2 / 3 / 4
  •  第5章…借金に苦しむ旧友を追い込むのは誰
  •  1 / 2 / 3 
  •  第6章…借金騒動、貫一に勝ち目はあるのか?
  •  1 / 2 / 3 / 4
  •  第7章…闇金稼業に身を落とした貫一の悲哀
  •  1 / 2
  •  第8章…貫一を襲うのは女の武器とホンモノの武器
  •  1 / 2

 後編

  •  第1章…重傷を負った貫一はどうなる?
  •  1 / 2 / 3
  •  第2章…お宮はどんな四年間を過ごしてきたか
  •  1 / 2 / 3
  •  第3章…お宮は貫一を救いたいと願い…
  •  1 / 2 / 3
  •  第4章…足繁く貫一の病室を訪ねる女
  •  1 / 2 / 3
  •  第5章…一番会いたくない人物が尋ねて来て…
  •  1 / 2 / 3
  •  第6章…突如登場したアヤシイ老女の目的は?
  •  1 / 2 / 3
  •  第7章…九日目とうとう事件が起こった
  •  1 / 2 / 3 / 4

 続金色夜叉

  •  第1章…泥酔した中年男が事故に遭って…
  •  1 / 2
  •  第2章…涙ながらのお宮の懺悔
  •  1 / 2
  •  第3章…冷えた夫婦の現在
  •  1 / 2
前編第1章へ